四十肩になったのでしょうか、右肩が非常に痛いです

40代を越えてから怪我が増えています。無理をしてなくてもちょっとした動きで体のどこかを怪我してたりして炎症が起こっています。最近では、右肩に痛みが走っています。これまでにこんな違和感はなかったのですが、右肩の上げる角度によっては痛みが出ます。

無理な運動をしたわけでもなく、いつ痛めたのかも記憶にないのです。日々の生活では運動もしてますし、スポーツも頻繁にしています。逆に運動のやり過ぎがここに来て体の節々にガタを起こしてるのかもしれないです。

右肩は、炎症を起こしてるのはたしかですが、具体的に病名などないので、これは四十肩と呼ばれるものなのかと考えています。四十肩に五十肩とありますが、どちらも病気や怪我というわけでなく、関節まわりの炎症が原因で、加齢から関節の潤滑油となってきた軟骨の擦り減りが原因の1つとも言われています。私もついにそういう年齢になったのかと思うと少しショックです。しかし、私の場合は筋肉も痛いので、関節と同様に筋肉も痛めている模様です。四十肩プラスアルファといった感じです。

しばらく安静にしていたのですが、一向に治らないので、そのままにしてると肩付近の筋肉や関節が固まるのも嫌なので、リハビリ程度に少しの痛みがありつつも動かすようにしています。ここに来て、昔、祖父母が肩が痛いとから、膝が痛いと言っていたのを思い出します。加齢により、自分にもこういう時期がついに訪れたのだなと実感しています。無理のないようにしつつ、なんとか右肩を治して遠投なども出来るようなレベルまで動かせるようにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です