ガンは日常生活の工夫で予防が可能?

あらゆるガンによる死亡率は年々増加していく傾向が観られます。しかしガンにならない様に日常生活の改善で予防する事が可能となっているのです。

まず塩分を控えた食事を心掛ける事です。塩分とガンは非常に大きな関係性があるのです。塩分量が多い食事ばかり摂っているとガンの発症率が高くなってしまいます。また野菜不足を行うとビタミンやミネラル分が足りなくなり体内の細胞の活性化がされなくなってしまいガンになってしまう恐れがあります。

ガンを予防する食品としては大豆が大きな効果が期待出来る物となっています。大豆に含まれているイソフラボンにはガン細胞を抑制される働きがあるのです。その為納豆や豆腐等の摂取にて予防が可能となてきます。

2016-08-12_151903

次に運動を心掛ける事です。運動不足になってしまうとコレステロールや血糖値が高くなってしまいガン細胞が増殖しやすい環境となってしまいます。また肥満や糖尿病等の大きな原因となってしまいます。運動する事によって体内の細胞も活性化されるようになり、ガン細胞に対しても強い細胞となり発症率が低くなる事も期待出来るようになります。ウォーキングやランニング等の有酸素運動が細胞の活性化に大きな効果を発揮しますので、週2回程は運動する機会を設ける事が大切です。

日常生活を改善する事でガンの発症を予防する効果を期待出来るものとなっていますので、まずはご自身の生活を見直し予防を行っていく事が重要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です